パワーストーン ブレスレット 天然石 ビーズ アクセサリーパーツの通販 卸 Circle Stone

パワーストーン最新入荷情報 セール会場へGO!

期間限定セール開催中!

送料無料 きゃんぺーん

送料無料について:但し、定形外郵便以外の発送方法をご選択の場合は、通常料金より220円引きとなります。

キーワード検索

マイページ(ログイン)

グッズリスト

パワーストーン

天然石ビーズ

彫刻

ラップブレス

ラップブレス パーツ 素材

さざれ

その他天然石

アクセサリーパーツ

天然石アクセサリー

チェーン

原石・クラスター

パワーストーン 浄化

ルース

ゴム・紐 類

袋・ケース・ポーチ

ディスプレイ・店舗備品

テラヘルツ

アウトレット・難あり

その他

オリジナル完成品

パワーストーン名からさがす

ア行

カ行

サ行

タ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

サイズで選ぶ

願いで選ぶ

コラム集

パワーストーンを科学する

厳選リンク集2

パワーストーンとは?

パワーストーンとは?

パワーストーンの意味 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンの特徴 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンのの伝承・言い伝え ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンのの開運・風水 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンの浄化方法 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

ガーデンクォーツの特徴


ガーデンクォーツは、成長する過程で、緑色や茶色の鉱物、泥などを含んだ水晶です。まるで風景を閉じ込めたかのような美しさから、庭園水晶とも呼ばれます。よくあるものは、クローライトという深緑色の苔のような内包物ですが、赤や灰色など、内包物のヴァリエーションは様々です。懐かしく暖かい色合いが和を想起させるからか、日本人に大変人気があります。


ガーネットの特徴


1月の誕生石です。 語源はラテン語の”granum(穀物、種子)”で、和名は多産の象徴とされる”柘榴(ざくろ)石”といいます。 深紅色のものが一般的ですが、グリーンやオレンジ、灰色など様々なカラーヴァリエーションがあります。 しかし、やはり一番人気があるのは、こっくりとした深紅の石です。 高度も高く独特の色味の美しさから宝石として扱われることが多いガーネットですが、菱型十二面体や多面体など整った形状の結晶が楽しむことのできる原石も大変魅力的です。種類が多く、どれも個性的なガーネットの原石はコレクションアイテムとしても人気があるようです。 インド、スリランカ、マダガスカル、ロシア、タンザニアなど世界中の広い地域で採掘することができます。中でもインドは産出量が多い一大産地になります。宝石質の美しいものとなると話は別ですが、ガーネット自体はありふれた鉱物で豊富に産出されています。宝石やアクセサリーに向かないものは紙やすりのザラザラに使われたりもしています。ホームセンターで買える宝石...と考えるとちょっと複雑ですね。


グリーンガーネットの特徴


ガーネットといえば通常こっくりとしたワインレッドのものを思い浮かべると思いますが、ガーネット(柘榴石)グループには種類が数多くあり、色も多彩。ガーネットといったら濃い赤と思うでしょうが、実は青色以外ならどんな色でもあるのです。グリーンガーネットは、そのガーネットの中で緑色に色づいたものです。結晶内の鉄やクロム、バナジウムが原因で発色します。最近になって緑色のガーネットが発見されたことで今では緑色のガーネットのほうが人気が高くなってしまいました。


スターガーネットの特徴


スターガーネットは金紅石(ルチル)や角閃石(アンフィボール)など針状の結晶を含むことで4条あるいは6条のスターが浮かび上がる、アルマンディンという種類のガーネットです。アルマンディンガーネットはガーネットの中でもっとも一般的で数多く流通している種類ですが、こと星がみられるものとなるとそうそうあるものではありません。どんな石でもスターがでるというものではなく、針状結晶の多いものをカボションカットにすることでスター効果があらわれます。インクルージョンを多く含むため透明度は低く、ほぼ不透明に近いくなってしまいます。見た目はちょっともったりしたガーネットですが、光にかざした時の深い濃紅色の地石にスターが浮かび上がる様は夕暮れ時の金星を連想する美しさです。 スターガーネット以外にも、スターサファイア、スタールビー、スターローズクォーツ、ブラックスター(ダイオプサイト)などスター効果を持つ石があります。


ロードライトガーネットの特徴


ロードライトガーネットは、アルマンダインガーネット(鉄礬柘榴石)とパイロープガーネット(苦礬柘榴石)の中間の成分で構成され、透明度が高く美しいワイン色が特徴のガーネットです。アルマンダインガーネットは茶色がかった赤色、パイロープガーネットは黒ずんだ赤色でどうしてこの両者から品のいい赤紫色ができあがるのか不思議なものです。 芳醇なワインのような色合いで大変美しいのに比較的安価ということで、ガーネットの中でも高い人気を誇ります。ロードライトとは、ギリシャ語で「薔薇色の石」という意味です。ロードライト(薔薇輝石)と名前がよく似ていますが、成分や鉱物的にまったく別物です。


カーネリアンの特徴


カーネリアンは玉髄の中でも赤褐色や橙色のもので網目や縞模様のない石で、和名は紅玉髄ともいいます。模様がある場合はアゲート(瑪瑙)と呼ばれます。 語源はラテン語の”carnis(肉の意)”あるいは”carneolus(新鮮の意)”に由来するといわれています。 カーネリアンは大変長い歴史を持ち、世界各地で愛用されてきた石です。古代エジプトでは”幸運を呼ぶ石”として身につけられ、また再生の象徴としてミイラの胸に添えられました。 イスラム教では予言の力を授けるとされて愛用され、説話集”アラビアンナイト”にも多数の記述が見られます。 かの英雄ナポレオンも、八角形の印章をあつらえて、絶えず身につけたといいます。 また、7月の誕生石として知られており、そのみずみずしい色合いがアクセサリーやジュエリーだけではなく、印章や置物の材料としても大変人気があります。


カイヤナイトの特徴


カイヤナイトの名前はギリシア語で「青色」の意味の「kyanos」に由来しています。また群青の結晶が幾重にも重なっているため、日本では「藍晶石」とも呼ばれています。名前からして「青」のイメージが強いカイヤナイトですが、実は緑色や黄色、ピンクに灰色など、様々なカラーのバリエーションを持っています。 カイヤナイトには同質異像 (同じ化学式・組成を持つが異なる外見を持つもの)に当たるアンダリューサイト・シリマナイトがあります。 人間で言うならば兄弟にあたる石たちがまったく違う顔を見せてくれるという事実は、天然石のそして自然の不思議を感じさせてくれます。 カイヤナイトの主な産地はブラジルです。その他にも最近ではスイスやネパール、チベット産のものも市場に出回っています。特にチベット産のカイヤナイトは深い海の色を思わせる青色で注目を浴びています。


カルサイトの特徴


カルサイトの語源はラテン語の”calx(石灰)”です。 語源の通り、カルサイトは炭酸カルシウムを主成分とした石灰石という鉱物です。 建材や彫刻の材料として使われる大理石(石灰岩)は、カルサイトの結晶集合体です。 純粋なカルサイトは無色透明ですが、含まれる不純物によって、イエロー・ゴールド・オレンジ・ピンク・グリーン・ブルーなど、様々な色に変化します。 例えば、ピンクカルサイトはコバルトによりピンク色を発色しています。 中には縞模様を持っているものもあります。 カルサイトはクォーツ(石英)と並んで地球上でもっともポピュラーな鉱物の一つです。 もしも地表にあるすべてのカルサイトが分解した場合、地球の気圧は90倍に膨れ上がり、人の住めない惑星になってしまうといいます。 カルサイトはパワーストーンとしてだけでなく、地球にとっても欠かすことのできない存在なのです。


カルセドニーの特徴


カルセドニーは和名を玉髄といい、石英の細かい結晶が網目状に集まって緻密に固まった変種の鉱物です。カルセドニーの仲間は数多く、色や模様の有無などで分類されています。 例えば、全体が赤色のものはカーネリアン(紅玉髄)、緑色のものはクリソプレーズ(緑玉髄)、縞のあるものはアゲート(瑪瑙)、不透明な物はジャスパー(碧玉)、碧玉の中で斑点状に赤色が混じったものがブラッドストーン(血石)などです。 最近人気のあるシーブルーカルセドニーは、天然の玉髄に特殊な加工を施したものです。加工の手法は未公開ですが、独特の美しい色合いは世界的に讃えられており、貴石として認められています。カルセドニーは多孔性であるため、どんな色に染めても美しく染め上がる石としてしられています。


ギベオンの特徴


ギベオン(メテオライト)は、ギリシャ語で「空の上のもの」という意味の「meteoron」を語源とする隕石です。 隕石は、含まれる成分によって「鉄質」「石質」「石鉄質」の大きく3つに分類され、ギベオン鉄質隕石にあたります。高級時計メーカー・ロレックスが、デイトナ・メテオライトの文字盤に使ったことでも有名です。 ギベオンは成分のうち大部分が鉄で、その他もニッケルなど地球上にありふれた成分で構成されています。しかしながらその比率や組み合わせなどが地球上の鉄鉱石とはまったく違うこと、また、大変な高温からゆっくりと長期間冷却することで生成されることから、宇宙由来の鉱物であることがわかります。 ギベオンを切断し酸でエッチングした後に研磨すると、「ウィッドマンシュテッテン構造」とよばれる神秘的な幾何学模様が現れます。この構造は今のところ人工的に作り出すことができないので、ギベオンが真の隕石であることの明白な証になります。ウィッドマンシュテッテン構造は前述の工程を経ないとあらわれないため、原石の外観はまるで普通の石のようにしか見えません。切断してみて初めて金属の輝きがあることを知ることができます。 ギベオンには多くの神秘的なメッセージが込められていると考えられ、古くから様々な種族の人々に「神聖なる石」として崇拝されたと伝えられています。日本でも、数々の神社で御神体として崇められているといいます。日本は国土が狭いため、隕石が落ちることも少なく、また採取された隕石も数少ないのですが、最近(2013年1月)、関東地方南部に隕石が落ちたというニュースがありました。落下時の彗星のような画像にワクワクするとともに、神秘的な感覚を覚えたのを記憶しています。


クォーツァイトの特徴


クォーツァイト、つまりクォーツの石。ということで、簡単に言うと、非常に小さい水晶が集まってできた石です。 地殻変動などで砕けた水晶(石英)の微細な破片が集まって再度かたまった多結晶体。 水晶は単結晶ですので隙間がありませんが、クォーツァイトは多結晶ですので、目には見えなくても隙間だらけなのです。 隙間があるので染色するとよく染まることから、鮮やかに染色されたものも多くあります。 天然のカラーは無色透明に近い灰色を始めとして、黄色、オレンジ、青色、グリーンなどがあります。一番多く流通しているのはグリーンカラーで、 加工の技術によっては、翡翠のように美しく見えるものもあります。また、グリーンのクォーツァイトの隙間に他の鉱物の細片を含んだものがアベンチュリンと呼ばれるものです。


クラック水晶の特徴


クラック水晶とは、天然水晶に超音波を当てたり加熱することで細かなひび(クラック)を生じたもののことです。人為的にヒビ加工をされたものがほとんどですが、まれに自然にクラックを有するものもありといわれています。 クラックがいつのまにかなくなり、通常の透明な水晶に戻ることもあるという、不思議な石です。 水晶特有の透明感と、クラックによって生じる輝き。太陽の光を浴びた時の美しさは、どんな石にも勝るものがあります。 普通はマイナス要素としてとらえられることが多い天然石のクラックを楽しむことができる珍しい石なのです。


クリソコラの特徴


まるで宇宙から眺めた地球のような不思議な魅力のある石です。 その秘密は、クリソコラは単独で結晶することがほとんどなく、他の様々な鉱物と混じり合うことで産まれるからなのです。 クリソコラの元々の色は水色ですが、アズライトが混ざると濃いブルー、マラカイトが混ざるとグリーンが発色するといわれています。名前の中に孔雀石とあるようにマラカイトと似た成分で構成されています。 大変美しいクリソコラですが硬度が非常に低く脆い為、一般的に流通しているのはほとんどが樹脂やガラスで加工したものです。しかし中には自然に石英にコーティングされた強度の高いものが存在し、”ジェム・シリカ”と呼ばれ珍重されています。水晶のお陰で硬度は7、そして大変貴重ということでクリソコラの起死回生の一手といえるでしょう。 銅を含んだ鉱物から生まれる二次鉱物で、銅が採掘できる場所であれば世界中のどこからでも採掘することができます。代表的なのは大規模な銅の鉱脈が存在するアメリカ産です。クリソコラは硬度が低いため宝石やアクセサリーとして使われることはあまりないのですが、まるで地球のような模様や雰囲気で鉱物マニアには大変人気が高い石です。ビーズよりも原石で楽しまれることが多いようです。


クリソプレーズの特徴


クリソプレーズは玉髄(カルセドニー)の一種で緑玉髄といい、アップルグリーンともいわれる美しい緑色のものをいいます。この緑色は、クロムで緑色を発色するエメラルドとは違い、ニッケルによるものです。 玉髄はクリソプレーズをはじめ、カーネリアンやアゲート、オニキスなども含まれ、大変種類が多いのですが、その中で、産出量の少ないクリソプレーズは、大変貴重で高価で取引されています。 玉髄というのは水晶の仲間です。なのになぜこれほど価値に差があるのでしょうか。クリソプレーズと水晶では成分は似ていても構成がまったく違います。クリソプレーズは隠微晶質ですが、これは非常に細かい水晶の粒の集合体ということです。肉眼や通常の倍率では結晶粒が観察できませんが、ご存知の通り水晶は六角柱を肉眼で観察出来ますよね。そしてクリソプレーズの粒の一つ一つが非常に上質な水晶で構成されているのです。もちろんこれだけで価値が高まっているわけではなく、翡翠にも見紛うほどの美しい緑色が価格を引き上げています。


クンツァイトの特徴


クンツァイトは、リシア輝石の中でピンク色のものをいいます。この優しいピンク色はマンガンイオンに起因します。 クンツァイトといえばピンク色が有名ですが、実はカラーバリエーションが多彩な石です。なかでも緑色はヒデナイト、黄色のものはトリフェーンと呼ばれて珍重されています。 モース硬度が高く、色味も美しいことから宝石としてアクセサリーに使用されますが、劈開性がニ方向に完全であるため、衝撃に弱く加工はかなり難しい部類に入ります。 カルフォルニアで発見されたクンツァイトですが、最近ではほとんどがブラジル産になります。ただしブラジルではグリーンや黄色のものが多く、クンツァイトそのものは少ないようです。他にもマダガスカル産やアフガニスタン産のクンツァイトが市場に出回ることが多いようです。クンツァイトの鉱床は掘りつくしたら次を探すということが多いため、安定的な入荷が難しく、結果的に高値になりがちです。


グリーンクンツァイトの特徴


クンツァイトの中で緑色のものがグリーンクンツァイトです。黄色に近い緑色からエメラルドグリーンまで色相が豊富です。しかしながら、どうも色味が不安定な石のようで、あっという間に退色したという話もあれば一方で全然大丈夫むしろ濃くなったというような話も聞きます。どちらにしろ日光や照明でたやすく退色する可能性がある石だということは覚えておいて下さい。 グリーンクンツァイトはヒデナイトとも呼ばれます。大きなサイズの原石は少なく、加工されることも少ない、貴重な石です。グリーンクンツァイトの主な産地は、ブラジル、アフガニスタン、パキスタン、ロシアのウラル山脈などです。


コーラルの特徴


コーラル(珊瑚)は珊瑚虫と呼ばれる生物で、固い骨格を発達させる虫です。宝石に使われるコーラルになるものやサンゴ礁を形成するものがあります。 珊瑚虫は、深海に生息し、木の枝のような群体を作ります。骨格は石灰質で、とても緻密です。珊瑚虫の寿命は4,5年で、死後に残された骨格がコーラルとして流通します。手の平サイズほどの大きさになるまでに800年以上かかるといわれています。 コーラルは、真珠と並び、日本が世界に誇る海の二大宝石です。日本ではいわゆる貴石の産出は殆ど無いのですが、コーラルとパールは日本が主要産地になっているのです。多孔質で染めやすいため、染色も多く流通しています。


コランダムの特徴


コランダムは和名を鋼玉といい、純粋な結晶は無色透明です。これに不純物が含まれることで様々なカラーが生まれます。大きく分けるとクロムを含んで赤く発色するものが『ルビー』、その他のカラーのものはすべて『サファイア』になります。これは宝石業界の分類で、鉱物学ですと青色のものを「サファイア」で他のものはすべて「コランダム」と呼ばれています。ちなみに、サファイアはカラーが豊富ですが必ずサファイアの前に色の名前を置く(イエローサファイアなど)というルールがあります。 コランダムのモース硬度は9で、ダイヤモンドについで硬度の高い鉱物です。宝石として美しいのはもちろんですが、原石は六角柱や六角板が美しいため、一見の価値があります。 宝石として珍重されるコランダムグループですが、現在は人工で作ることも可能です。精密機械の部品や研磨剤など幅広く利用されています。身近なところですと、横断歩道の白い部分の塗料にコランダムが混ぜられています。白い部分がキラキラしているのを見たことがあると思いますが、あれがコランダムの粒です。これは靴やタイヤが滑るのを防ぐためで、触ってみるとザラザラしていることがわかるでしょう。宝石が混じっていると思うと踏むのがもったいような気がしますね。 ルビーのもっとも有名な産地はミャンマーです。ピジョンブラッドと呼ばれ、大変赤みが強く鮮やかなルビーが採掘されます。その他にもタイやスリランカでルビーが産出されています。サファイアもミャンマーで採掘できます。また、アメリカ産やオーストラリアでも採掘されていますが、オーストラリア産はやや黒みがかった青で、小粒でもピュアな色合いのアメリカ産のほうが人気があるようです。日本でも10年ほど前に、翡翠の産地で知られる新潟県糸魚川市で巨大なコランダムの原石が相次いで発見され、大変な話題になりました


コラムリスト

情報 | 子宝 | ブレスレット | 水晶 | 効果 | 浄化 | アクセサリー | 通販 | 相性 | ストラップ | 金運 | チャクラ | 恋愛 | 組み合わせ | 種類 | ペンダント | オーダーメイド | 選び方 | お店 | お守り | | スピリチュアル | ハート | ビーズ | ヒーリング | 開運 | 丸玉 | 激安 | 結婚 | 原石 | 効能 | 辞典 | 浄化方法 | 店舗 | 風水 | 復活愛 | 瑪瑙 | 癒し | 栃木 | | 天然石 |