パワーストーン ブレスレット 天然石 ビーズ アクセサリーパーツの通販 卸 Circle Stone

パワーストーン最新入荷情報 セール会場へGO!

期間限定セール開催中!

送料無料 きゃんぺーん

送料無料について:但し、定形外郵便以外の発送方法をご選択の場合は、通常料金より220円引きとなります。

キーワード検索

マイページ(ログイン)

グッズリスト

パワーストーン

天然石ビーズ

彫刻

ラップブレス

ラップブレス パーツ 素材

さざれ

その他天然石

アクセサリーパーツ

天然石アクセサリー

チェーン

原石・クラスター

パワーストーン 浄化

ルース

ゴム・紐 類

袋・ケース・ポーチ

ディスプレイ・店舗備品

テラヘルツ

アウトレット・難あり

その他

オリジナル完成品

パワーストーン名からさがす

ア行

カ行

サ行

タ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

サイズで選ぶ

願いで選ぶ

コラム集

パワーストーンを科学する

厳選リンク集2

パワーストーンとは?

パワーストーンとは?

パワーストーンの意味 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンの特徴 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンのの伝承・言い伝え ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンのの開運・風水 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンの浄化方法 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パイライトの特徴


パイライトは和名を黄鉄鉱といいます。鉄と硫黄からなり、六面体や八面体、五角十二面体の規則的な結晶形を持ちます。 鈍い金色の色合いと金属光沢と持つことから金と間違えられることが多く、愚者の黄金(fool's gold)という不名誉な呼び名を持っています。 名前の由来は、パイライトをハンマーで打つと火花を散らすことから、ギリシャ語の火を意味する「pyr」に由来しています。鉄よりも硬いことで知られていますが、 水には大変弱く、変質の原因となります。 世界のあらゆる鉱山で見られるありふれた鉱物で、比較的価値は低くみられ安価です。また、パイライトそのものよりも、ラピスラズリや他のパワーストーンのインクルージョンとしてのほうが名が通っています。 しかし、素人でも手軽に採掘できることから、鉱物マニアの初めての石として深く愛されています。中でも、スペイン産のパイライトはサイコロのように整った六面体の原石が産出されることで知られ、収集家に大変な人気です。昔に比べれば工業的価値も低くなってしまっていたのですが、最近、太陽電池の材料として再び注目されるようになりました。


ハイパーシーンの特徴


ハイパーシーンは、頑火輝石(エンスタタイト)の中で鉄分が30%以上あるものをいいます。 通常はただのブラックに見えますが、光が当たるとピンク色や紫色の美しいシラー効果やキャッツアイ効果が見られるのが特徴です。男性的な黒い地色を持ちながらも華やかなシラーを持つことから、女性にも人気があるパワーストーンです。 和名を”紫蘇輝石”といいますが、これは角度を変えてみると赤紫蘇色に見えることがあるところから命名されました。 ハイパーシーンとは、”超越した強さ”という意味です。今はまだ知名度が低いパワーストーンですが、名前負けしない強力なパワーを秘めています。これから注目されていくと考えてよいでしょう。


ハウライトの特徴


ハウライトは基本の色は白で、クモの巣状の灰色の縞目模様が特徴です。 未加工のものは無光沢ですが、研磨するとガラス光沢がでます。 ハウライトはカナダの鉱物学者ヘンリー・ハウ(Henry How)によって、アメリカで発見されました。 発見者の名前をとって、ハウライトと名づけられたのです。 ハウライトは表面が多孔質で染色がしやすく、美しく染まる為、青く染められたハウライトターコイズやハウライトラピスが市場に流通しています。


ピーターサイトの特徴


ピーターサイトは、タイガーアイやブルータイガーアイが地殻変動などによって細かく砕かれたものが、後に再び石英によって固められたものです。タイガーアイ系ごちゃまぜ石とでもいいましょうか。タイガーアイ特有のシャットヤンシー効果もみられます。黄色や赤、青のタイガーアイが混然と混じり合い、含まれているクロシドライト(青石綿)の繊維がカールしている為、まるで台風の目のような渦状の模様を作り出しているピーターサイト。別名を”テンペスト・ストーン(嵐の石)”といいます。正式には”クロシドライトアゲート(crocidolite agete)”といい、カルセドニーの一種です。 ピーターサイトの産地は、ナミビアと中国に限定されています。産地によって色合いに多少差があり。ナミビア産は青と黄色が主流で、中国産は黄色と赤が多いそうです。中国産のほうが内包されるクロシドライト(青石綿)の酸化が進んでいるのかもしれません。色合いこそ違いますが、どちらも嵐の石の雰囲気はちゃんとありますよ。


翡翠の特徴


私たちが”翡翠”と呼ぶ石は、”軟玉(ネフライト)”と”硬玉(ジェイダイト)”の2種類があり、実はまったく別の鉱物です。 どちらも美しい石ですが、現在宝石とみなされるのはジェイダイトだけです。 通常、翡翠といえば緑色だと誰もが思うでしょうが、翡翠は元々は白い色で、鉄やクロムなどの成分が混ざることで、緑色の翡翠が生まれます。 透明度が高く鮮やかな緑色をした翡翠は、特に価値が高いとされています。 成分で色が変わる翡翠、たくさんの色のヴァリエーションがありますが、 鉄の他にクロムなどが含まれた場合に生まれるラベンダーのような紫色の翡翠も、最近では人気があるようです。 翡翠は、古来から日本や中国で馴染みの深い石です。 日本では縄文時代に勾玉の材料になりましたし、中国では金やダイヤよりも価値の高い石であるとされてきました。 ちなみに、翡翠とはかわせみのことで、まったく同じ漢字をあてています。 かわせみの羽根のように美しい石ということで、翡翠玉と呼んだのが始まりだといわれています。


ピンクオパールの特徴


オパールにはたくさんの種類がありますが、ピンクオパールは遊色効果のないコモンオパールです。 虹色に輝く宝石質のオパールより安価で売買されていますが、独特のミルキーなピンク色が女性に大変人気があります。 また質の良いものになると、インカローズほどに赤みを帯びるものもあるといいます。 オパールが他の宝石類と違い非晶石で水分を含んでいるからでしょうか、他のどのピンク色の石よりも鮮やかで瑞々しくはつらつとした印象のパワーストーンです。


ファントム水晶の特徴


ファントム水晶は、水晶が成長する過程で成長と成長の一時停止を繰り返し、 気泡やクローライトなどの鉱物を内包することで、まるで山のような影を形成した水晶です。木の年輪の水晶版だと考えるとわかりやすいかと思います。内包物が多いものほどこの模様ははっきりとし、ガーデン水晶に似た状態になります。 水晶の中に山のような影が入ることから、山入り水晶、幻影水晶などと呼ばれます。


フェルドスパーの特徴


フェルドスパーとは長石のことで、一つの石の名前ではなく、鉱物グループの名前です。長石自体は非常にありふれた鉱物で、地球のどこにでも、ほとんどの岩石に含まれています。長石グループに含まれる石には、ムーンストーン、ラブラドライト、アマゾナイト、サンストーン、アンデシンなど、見た目や色合いがまったく違う石たちがあります。石に含まれる成分がほんの少し違うだけで、異なる名前の石になるのはとても不思議ですよね。成分も見た目も名前もそれぞれな長石ですが、長石という名前の通り、結晶が長い形という共通の特徴があります。


フォスフォシデライトの特徴


フォスフォシデライトは、ピンク色から紫色、緑色など色彩を持つパワーストーンです。一般的なのは淡い紫色のものになります。 バリサイトと同類の石で、鉄イオンやマッチの先に使われているのと同じ燐(リン)を含みます。 ビーズなどに加工されて市場に出回ることは稀で、あまり名前を聞くことのないレアストーンの部類に入るでしょう。 名前の由来はギリシア語の「phos(光を)phoeos(運ぶもの)」という説と、「phospho(燐)」と「sideros(鉄)」を組み合わせたもの、という二つの説があります。 また、メタストレングス石という別名も持っています。


ブラックオパールの特徴


ブラックオパールは、不透明な黒色や濃灰色の地色に、赤色、橙色、黄色、藍色、紫色、青色、緑色の七色の鮮やかな遊色効果を持つものです。ブラックオパールはオパールの中でも希少で、中でも黒の地色で赤色の遊色効果が多いものが価値が高いとされています。 他のオパールよりも地色が暗い分遊色効果が鮮やかに感じられるブラックオパール、光や見る角度によって鮮やかなきらめきを放つ様子は、まるで銀河を思わせる美しさです。 ヨーロッパではかつてオパールは”不幸の石”といわれていましたが、これはオパールがあまりにも繊細で壊れやすい石であるために、加工職人たちがこれを嫌い、流したデマであるとされています。


ブラックスターの特徴


ブラックスターは、黒のダイオプサイトでスター効果を持つものをいいます。 平常はブラックスピネルのようにみえる石ですが、光をあてると星ような四条(十字)の輝きが浮かびます。これは、ダイオプサイトに内包された針状のマグネサイトによって光が交差し起こる現象です。スター効果以外にもキャッツアイ効果がでることもあります。6条は見かけますが、4条のスターがでる天然石は意外に珍しいものです。ダイオプサイトの語源はギリシャ語の”diopsis(透明)”です。ダイオプサイトの他の色ですと透明度が高いものも多いのですが、ブラックスターの場合はインクルージョンが含まれることでスターが起こることもあり、半透明から透明となっています。 シルバージュエリーとして売られることが多い石で、男性にとても人気があります。 ブラックスターの代表的な産地はブラジルやインド、ロシア、スリランカなどです。ダイオプサイトという鉱物自体はありふれた造岩鉱物なのですが、ことスターがでるものとなると稀で、常に安定した数を供給するのは難しくなります。


ブラックスピネルの特徴


スピネルは鉱物の一種で、尖晶石ともいいます。透明または半透明で、赤色、青色、黄色、緑色、ピンクなどカラーバリエーションは多彩です。産出量はやや少なめで、希少な石の部類に入ります。名前の由来はラテン語の棘(とげ)という意味の"spina"に由来しますが、これはスピネルの結晶体が八面体で、かなり鋭角な部分があるからです。 スピネルの産地といえば、ミャンマーとスリランカです。ミャンマー産は非常に美しいレッドスピネルの産地として知られ、スリランカ産は赤いものは少ないもののピンクスピネルが高い評価を受けています。しかしながら、どちらも非常に価格が高くなかなか手が出ません。スピネルといったら赤というくらいレッドスピネルは価値が高く、逆に今人気のブラックスピネルは宝石としては価値が低いといわれています。しかし他の黒い石と比べると圧倒的な光沢とツヤを持っており、その魅力は他の石とは比較になりません。パワーストーンとしてはネックレスに多く使われています。


ブラッドストーンの特徴


ブラッドストーンは3月の誕生石です。 半透明で濃い緑色の玉髄で、血のような赤い斑点が混ざっているパワーストーンです。 和名では”血石”や”血玉髄”などと呼ばれ、古代ギリシャ語の”ヘリオトロープ(heliotrope:太陽を呼び戻す石)”という異名も持っています。 鉱物学的には、石英の細かい結晶が集まったジャスパー(碧玉)の一種で、血のように見える赤い斑点の正体は酸化鉄です。透明度の高いものもごくまれにありますが、基本的に半透明のものがほとんどです。エピソードも見た目も少々不気味なところがあるブラッドストーンですが、その中に秘められた神秘性は多くの人を惹きつけるほどのものがあります。 ブラッドストーンの産地にはオーストラリア、インド、ブラジルなどがありますが、ブラッドストーンといったらやはりインドというくらいにインドが代表的な産地です。インドやスリランカではブラッドストーンは止血剤や精力剤の効果があるとされ、粉末状にしたブラッドストーンを現在でも薬として用いています。このため、大々的な産地でありながらも流通量は意外に少ないという不思議な現象が起きています。


ブルーレースアゲートの特徴


ブルーレースアゲートはアゲート(瑪瑙)の一種で、穏やかな空色とレースのような繊細な縞模様が特徴のパワーストーン です。近年、縞模様の美しいブルーレースアゲートの産出量は減少しており、高品質のブルーレースアゲートは入手が困難となっています。 優しく穏やかな印象を受ける石ですが、チベットでは蓮の花にたとえられ、神の石として崇められたと伝えられています。


プレナイトの特徴


プレナイトはまるでマスカットのような瑞々しい色合いが爽やかなパワーストーンです。 中にはルチルクォーツのようなインクルージョンを持ったものがありますが、これはたいていの場合がエピドート(緑廉石)の針状結晶です。 葡萄状に連なった状態で産出されることから、”葡萄石”の和名がつけられています。 しかし、本当に葡萄のような形状で産出されるプレナイトは稀有で、塊状で採掘されるものがほとんどだといいます。 どちらかというと地味な色合いのせいか、宝石としてはそれほど知名度が高くありませんが、鉱物愛好家の間では、原石のユニークな形状や味わい深いたたずまいが人気を呼んでいます。ビーズやルースにカットしてしまうのは少々もったいない気もしますが、色合いが美しいものはカットされてしまうことが多いようです。


フローライトの特徴


フローライトは、トルマリンに次いでカラーバリエーションの豊富な天然石で、中には二色以上が混じり合って虹のように美しいものもあります。更に見る角度で色が違って見えるものもあり、大変幻想的なパワーストーンです。 フローライトは和名を”蛍石”といいますが、これは加熱すると蛍のように発光する性質がある為です。ただし加熱すると砕け散ることがあり危険ですので、安易に試さないようにお願いします。稀に、紫外線をあてることで発光するものがありますが、これは中国やイギリス産のフローライトの中のごく一部だということです。 フローライトは幅広い波長の光を透過することから、望遠鏡やカメラのレンズなどの光学素材としても使われています。非常に高性能なのですが、高度な加工技術が必要になる為、大変高額で売買されています。 フローライトはありふれた鉱物で世界中のあちこちから産出されます。しかしながら不思議なことに宝石の一大産地ブラジルがある南米からはあまり採掘されません。宝飾品や彫刻の素材としてはもちろんですが、正六面体や正八面体に結晶することから原石も人気があります。サイコロのような形の結晶が重なったフローライトの原石は、ゼリーのようでみずみずしく可愛らしいものです。また劈開性があり割るとキレイな正八面体に割れるため、わざと小さく割って売られていることもあります。ピラミッドを上下に貼りつけたような不思議な形で、こちらも人気があります。


グリーンフローライトの特徴


グリーンフローライトは、フローライトの中でも若葉のような爽やかな緑色のものをいいます。 透明度が高く、緑色も淡いわりにはっきりとしているため、緑色のパワーストーンの中ではかなりの人気があります。フローライトは基本的には無色ですが、様々な不純物を含んで多彩なカラーを発色します。例えば、ブルーフローライト、イエローフローライト、ピンクフローライト、パープルフローライト、クリアな無色のフローライトなどがあります。一つの結晶の中にいくつもの色の層ができるのが当たり前の石で、まるで虹のような色彩が一種類の石で楽しめる稀有なパワーストーンです。


ブルーフローライトの特徴


ブルーフローライトは、フローライトの中でも青色をしたものをいいます。青色と一口にいっても、産地や産状によっては色に濃淡が生じます。フローライトのカラーバリエーションの中で、 青は貴重で産出量も少ない方だということです。ちょっと意外な感じがしますね。


ブロンザイトの特徴


ブロンザイトは、パイロキシンと呼ばれる輝石の一種で、ハイパーシーンと同じエンスタタイト(頑火輝石)に分類されます。 エンスタタイトのうち、鉄分の含有量が10~30%なのがブロンザイトで、30%を超えるとハイパーシーンになるといいます。ほんの少しの成分の量の違いで、 大きく姿を変える天然石の面白さを味わうことができます。 ブロンザイトの名前は、まさに銅(ブロンズ)のような色合いと輝きを持っていることに由来しています。パッと見はどちらかというと地味なパワーストーンですが、 光が当たった時に見られる静かに輝くさまには渋さがあり、いわゆるいぶし銀といった雰囲気を持っています(銅ですが)。光り方は全然違いますがタイガーアイに似た感じの石です。 主な産地はアメリカで、他にもロシアやブラジルから産出されます。高値がつくような石ではありませんが比較的産出量が少なく、市場に出回ることも稀です。


ヘマタイトの特徴


ヘマタイトは鉄を含み鈍く輝くガンメタリックがクールなパワーストーンです。和名は赤鉄鉱といいます。 ギリシャ語で血を意味する「hema」が名前の由来ですが、 研磨する際に、まるで血のような真紅の粉が吹き出す特徴があるからでしょう。鉄分を含み非常に比重が高いため、ずっしりと重く存在感のある石です。 赤鉄鉱は鉄が酸化してできるもので、地球上では非常にありふれた鉱物です。主要な鉄鉱石として幅広く採掘されていますが、そのなかで特に美しいものは「ブラックダイヤモンド」と呼ばれ装飾品に加工されます。 バビロニアでは軍神マルスの加護をもたらす石として、戦士の護符として使われました。また、中世のヨーロッパでは、戦いの前にヘマタイトで体をこすり、そうすることで血止めの効果が得られると考えたようです。



ペリドットは8月の誕生石です。ペリドットとは宝石名で、鉱物名はオリビン(Olivine)といいます。透明度が高く、爽やかなオリーブ色が美しいパワーストーンです。 地球の中心部の大部分を占めるマントルの主要成分はほぼペリドットと同じで、火山付近で産出されます。ペリドットはハワイのキラウェア火山の女神ペレの涙だといわれていますが、それもこうした産出状況に由来したのでしょう。火山の中から生まれてくるもの以外に、宇宙から落ちてきた隕石の中からも見つかることがあります。日本でも三宅島の溶岩のなかから結晶が発見されることがありますが、不純物が多くとても宝飾品として身に付けられるようなレベルのものではありません。 古代エジプトでは、邪悪を祓う力があるとしてファラオが好んで身につけたと伝えられています。また、金とペリドットを一緒に護符やお守りとして身につけると、闇夜に潜む悪魔を寄せ付けず、無事に朝が迎えられるとされていました。 パワーストーンとしてポピュラーなペリドットですが、鉱物としても大変ありふれた鉱物です。世界中の広い地域で産出されますが、特にアメリカアリゾナ州やミャンマーでは博物館に収められるような大きな結晶のペリドットが見つかることで知られています。基本的に粒状で小さな結晶でしか採掘できない石ですので大きいだけでも大変なことなのですが、その上質の方も素晴らしいのだそうです。


コラムリスト

情報 | 子宝 | ブレスレット | 水晶 | 効果 | 浄化 | アクセサリー | 通販 | 相性 | ストラップ | 金運 | チャクラ | 恋愛 | 組み合わせ | 種類 | ペンダント | オーダーメイド | 選び方 | お店 | お守り | | スピリチュアル | ハート | ビーズ | ヒーリング | 開運 | 丸玉 | 激安 | 結婚 | 原石 | 効能 | 辞典 | 浄化方法 | 店舗 | 風水 | 復活愛 | 瑪瑙 | 癒し | 栃木 | | 天然石 |

光源の加減・ご使用のパソコン環境等により実物と色が多少異なる場合がございますのでご了承下さい。
当サイトに掲載されている画像やテキスト等の内容を無断で複製・転載することを禁じます。

ページ内の上部へ戻る