パワーストーン ブレスレット 天然石 ビーズ アクセサリーパーツの通販 卸 Circle Stone

パワーストーン最新入荷情報 セール会場へGO!

期間限定セール開催中!

送料無料 きゃんぺーん

送料無料について:但し、定形外郵便以外の発送方法をご選択の場合は、通常料金より220円引きとなります。

キーワード検索

マイページ(ログイン)

グッズリスト

パワーストーン

天然石ビーズ

彫刻

ラップブレス

ラップブレス パーツ 素材

さざれ

その他天然石

アクセサリーパーツ

天然石アクセサリー

チェーン

原石・クラスター

パワーストーン 浄化

ルース

ゴム・紐 類

袋・ケース・ポーチ

ディスプレイ・店舗備品

テラヘルツ

アウトレット・難あり

その他

オリジナル完成品

パワーストーン名からさがす

ア行

カ行

サ行

タ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

サイズで選ぶ

願いで選ぶ

コラム集

パワーストーンを科学する

厳選リンク集2

パワーストーンとは?

パワーストーンとは?

パワーストーンの意味 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンの特徴 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンのの伝承・言い伝え ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンのの開運・風水 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

パワーストーンの浄化方法 ア行 カ行 サ行 タ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行

ラピスラズリの特徴


ラピスラズリは12月の誕生石で、和名を”瑠璃”といいます。瑠璃は仏教の七宝に数えられ、日本人にとっても馴染みの深い石です。 ラピスラズリはラズライト(青金石)を主成分とした混合鉱物です。 色は青色から藍色で、カルサイトを含んで白い帯状の模様がでているものや、パイライトの粒を含んで星空のようなきらめきをみせるものもあります。ラピスラズリの美しい青色は宝飾品としてだけではなく、顔料(絵具)としても使用されました。「ウルトラマリン」と呼ばれるラピスラズリを原料とした顔料は他の素材ではだせない美しい色合いと絶賛され、金と透過で取引されるほど高価なものでした。 ラピスラズリは、ラテン語の”lapis(石)”とアラビア語の”lazward(天・空・青)”が語源となっており、古来から、天空を象徴する聖なる石だと考えられていました。世界各地でラピスラズリは聖なる石として崇められ、世界各地の神話にもたびたび登場しますし、様々な儀式や呪術に使われてきました。ラピスラズリは世界最古の歴史を持つパワーストーンなのです。


ラブラドライトの特徴


ラブラドライトは長石の一種で、見る角度によって異なった色彩の光を放つくラブラドレッセンスが特徴です。このアゲハ蝶のような幻想的な光は、ラブラドライトを構成する曹長石と灰長石が層状に重なり、光の干渉を引き起こすからだといわれています。虹色に輝くものもあり、こちらはスペクトロライトと呼ばれます。長石は地球の地殻の中にはもっとも多い鉱物で、他にも長石グループの有名所には、ムーンストーンやサンストーン、アマゾナイトがあります。


ラリマーの特徴


ラリマーは、チャロアイト、スギライトと並んで世界三大ヒーリングストーンに数えられるパワーストーン。ヒーリングストーンとして強力な力を持っているとされています。 愛と平和を象徴し、安らぎと慈愛を持つ人の心に育ててくれます。心の奥底にあるトラウマやわだかまりなど心を縛る呪縛から解き放ち、自由でたおやかな精神状態をもたらし、心の傷を優しく癒してくれるでしょう。 ラリマーに惹かれる人は、何かしらの「変化」の時を迎えてようとしているといわれています。当たり前のようにその変化を受け止め、前向きに心を開いて変化を向き合えるようサポートしてくれます。新しい世界にで前進する勇気と前向きさというものがいつの間にか身についていることに気づくはずです。 ラリマーは女性の象徴だとされています。身につけると荒々しさが和らぎ、優しさや細やかな感情が生まれてくるといいます。官能性を引き出すともいわれていますので、恋愛運アップのために身につけるのもオススメです。 ラリマーは喉元にある第5チャクラ・通称スロートチャクラに対応しています。このチャクラは人間のコミュニケーションに欠かせない声を出す器官・喉にあることでもわかるように、コミュニケーションに大きな影響力を持つチャクラです。自分の内なる声を聞き取り、それを表現する力を育む、そこから自由で円滑なコミュニケーションが生まれるということを教えてくれます。自分らしさを知り、自分らしく表現する、個性をみとめ発揮することができるようになるでしょう。ラリマーのペンダントトップなどを喉に近い場所に身につけると効果的です。


ルチルクォーツの特徴


ルチルクォーツとは、針状の鉱物を内包した水晶のことです。針状と一言に言いましても、産毛のような細さのものから、マッチ棒ほどの太さのものまで千差万別です。 ルチルクォーツの「ルチル」とは金紅石のことです。金紅石とは二酸化チタンの結晶で、地球にとって大変重要な鉱物だといわれています。スターローズクォーツやスタールビーなどは、この金紅石(ルチル)の微細な針状結晶が含まれることでスター効果を生み出します。ルチルクォーツのようにインクルージョンを含む場合、水晶が白濁してしまいがちですが、なるたけ水晶ににごりのない透明度の高いものが価値が高いと考えられています。 水晶もルチル(金紅石)もどちらもありふれた鉱物で世界中で採掘できますが、やはり一大産地はブラジルです。水晶の変種である「変わり水晶」の中ではガーデンクォーツやファントム水晶と並んで非常に人気が高く、高品質のものは高値で取引されます。 日本では針入り水晶と言われていますが、「金線(針のこと)が入る」→「金銭が入る」ということで金運の石として人気を博しています。


オレンジルチルとは


オレンジルチルは、ルチルクォーツのカラーバリエーションの一つで、クリアな水晶の中に鮮やかなオレンジ色のの針が入ったものをいいます。 この針がルチル(金紅石)なのか他の石かというところは今のところはっきりとわかっていませんが、鮮やかなオレンジ色の針が水晶の中に納まっている様子が真夏の太陽のようで、とても魅力的です。


シルバールチルの特徴


シルバールチルは、ルチルクォーツのカラーバリエーションの一つで、水晶の内部に銀色の針(ルチル)の入ったものをいいます。銀色といいましても肉眼でみるぶんには金色の少し薄いような色といった感想を持つと思いますが、強い光をあてると銀色に見えます。もちろん、そういった光がなくても銀色に見えるものも中にはあります。 ルチルクォーツの中では比較的産出量が多く安価で取引されていますが、透明度が高く針が美しいものはなかなか流通していません。


タイチンルチルの特徴


ゴールドタイチンルチルは、ルチルクォーツよりも太い針(ルチル)が内包された希少な水晶です。針というよりは帯や板といったほうがいいほどの太さの針が入っており、かつまた金色の色合いも鮮やかなのが特徴です。時々タイチンルチルの中に黒っぽい塊が見られることがありますが、これは二酸化チタンやヘマタイトになります。二酸化チタンとはルチル(金紅石)の主成分になるものです。インクルージョンを含みと水晶は白く濁ることが多くありますが、水晶に濁りがなく太い針が多く入ったものが高品質なタイチンルチルです。 タイチンルチルは産出量が少なく大変貴重で、価格も高額になりがちです。


プラチナルチルの特徴


プラチナルチルは、ルチルクォーツのカラーバリエーションの一つで、クリアな水晶の中に白金色の針が入ったものをいいます。この針はブルッカイト (板チタン石) ルチル(金紅石)で、本当のプラチナが入っているわけではありません。ゴールドのルチルクォーツとは針の入り方が若干異なり、細くしなやかな針がまとまって同じ方向から伸びていることが多く、その分プラチナカラーの針状結晶が際立ちます。


ブラックルチルの特徴


ブラックルチルは、水晶の中に黒い針状結晶が含まれたものです。髪の毛のように見えることから、「黒髪水晶」と呼ばれることもあります。ブラックルチルに含まれる黒の針状結晶には2種類あり、ひとつは黒いルチル(金紅石)が含まれるもの、もうひとつはブラックトルマリンの針状結晶が含まれるものになります。ルチルの場合は光にかざしてみると透けてやや赤みがかるのが確認できます。ブラックトルマリンのほうは真っ黒ですが、この2つを見た目だけで判断するのはなかなか難しいでしょう。ブラックトルマリンが含まれるものは、「ブラックトルマリンインクォーツ」「トルマリネイテッドクォーツ」などと呼ばれます。 無色透明やスモーキーカラーの水晶の中に存在感のある黒い色の針状結晶が入ったブラックルチルは男性にもっとも人気のあるパワーストーンで知名度も高いのですが、産出量のほうはやはり少なめで高価になりがちです。選び方のコツとしては、インクルージョンが含まれるためやや水晶に曇りがでるのは仕方がないのですが、黒い針のため曇りが目立ちます。なるべく水晶の透明度が高く針が多めのものが高品質になります。


レッドルチルの特徴


レッドルチルは、ルチルクォーツのカラーバリエーションの一つで、クリアな水晶の中に赤色もしくは赤褐色の針が入ったものをいいます。 赤が純粋な色調であるほど価値が高く、そして産出量も少ない傾向にあるようです。落ち着いた赤色で女性にもオススメのルチルクォーツです。


ルビーの特徴


ダイヤモンドの次に固いコランダム(鋼玉)の変種で、その中でクロムを含んで赤色になったものをルビーといいます。同じコランダムの中でチタンや鉄を含んで青色になったものと赤色以外のすべての色はサファイアです。ルビーの語源は、ラテン語で赤を意味するrubeusです。 ルビーの代表的な産地は、ミャンマー、スリランカ、タイ、カンボジアなどアジアと、タンザニアやマダガスカルなどアフリカです。特に、ミャンマーでは「ピジョン・ブラッド(鳩の血)」と呼ばれる最高級のルビーが産出されます。高級な宝石というイメージがありますが、宝石に分類されるのは純粋な赤色に近い貴石で、パワーストーンとして流通するのは青みがある赤紫色の半貴石がほとんどです。 かつては王侯貴族のみが身につけることを許された石でしたが、現在は7月の誕生日石としてしられる身近な存在になりました。ちなみに結婚40周年記念日をルビー婚または紅玉婚といいます。


レピドライトの特徴


レピドライトはリチア雲母(リシア雲母)という雲母の一種で、含まれるリチウムの量でピンク色から紫色に変化する色相を持っています。原石の形や色から鱗雲母、紅雲母とも呼ばれます。 ギリシャ語の”lepidos(鱗)”を語源としており、鱗状の結晶のきらめきと雲母特有の真珠光沢が美しいパワーストーンです。 雲母自体は世界中のどこでも見つけられるありふれた鉱物ですが、これがリチア雲母となると話が違ってきます。リチア雲母が採掘できるのはリチウムペグマタイトというリチウムを多く含むペグマタイトからのみだからです。また宝飾品になるような美しいものとなるとレア度が更にあがり、ブラジル、アフガニスタンなどが産地となります。特にブラジル・ミナスジェライス州産のレピドライトは上品で美しい紫色が特徴です。 パワーストーンとしての知名度が比較的低く、色合いもやや地味ですが、明け方の空のような優しいモーブカラーは個性の強い色とも合わせやすく肌馴染みもいいので、女性の中でも特に大人の女性に身に着けていただきたいパワーストーンです。



レモンクォーツは水晶の式変種の一つで、透明度が高くレモンのような瑞々しい黄色が爽やかな印象のパワーストーンです。 同じ黄色の水晶ということで、シトリン(黄水晶)と同一視されることが多いのですが、シトリンは内部に鉄分を含むことで黄色に発色するのに対し、レモンクォーツの黄色は、結晶の生成過程で結晶の間に硫黄成分が入ったことによります。その為レモンクォーツは原石を擦ったり削ったりすると、ほのかに硫黄の香りがするといわれています。 シトリンは橙色に近い暖かみのある黄色ですが、レモンクォーツは青みがかったフレッシュな黄色と、色合いも同じ黄色でもまったく違うものなのです。 レモンクォーツは元々産出量が少なく、シトリンのように人為的に作り出すことが難しい為、他のクォーツの仲間と比べてわりと高額で取引されています。主な産地はブラジルや中国ですが、大きな結晶はなかなか採掘されないそうです。 黄色の石は古来より商売繁盛や金運を上げる幸運の石と考えられることが多く、レモンクォーツも珍重されました。


ローズクォーツの特徴


和名を紅水晶(石英)といいますが、紅色というよりは、淡く優しいピンク色が魅力の石です。水晶の色変種になります。発色の要因については、ローズクォーツに含まれるチタン、鉄、マンガンなど金属イオンによるものという説が大勢を占めていますが、他の説もいくつかあり、未だ改名されていません。 ローズクォーツ最大の産地はやはりブラジルはミナスジェライス州産、マダガスカル産のものです。ローズクォーツは産地によって色合いや雰囲気にかなり差があり、マダガスカル産は不純物が少なく透明度の高いローズクォーツを産出することで知られています。最近ではアフガニスタン産の色が濃いローズクォーツが市場に出回ることがあり、人気を呼んでいます。ローズクォーツは他の水晶類と違って大きな結晶は稀ですが、なかにはルチルをインクルージョンしてスター効果がみられるものもあります。 ロシアではローズクォーツを人工的に作り出し大量に生産する技術が確立されているそうで、「フラミンゴクォーツ」という名前で販売されアクセサリーの他に建材などにも使われています。 愛と美の女神”アフロディーテ”を象徴する石です。アフロディーテが海の泡から生まれた時、その美しさを称賛して神々が薔薇(rose)を作って祝ったといいます。また、アフロディーテの吐息から生まれたとも伝えられています。 ローズクォーツの歴史は大変長く、古くは石器時代からお守りとして身につける習慣があったといいますし、また宝飾品以外にも、カメオなどの彫刻の材料としても使われました。 恋愛のことならローズクォーツといわれるほどのパワーストーン、女性なら一つは持っていたいですね


スターローズクォーツの特徴


スターローズクォーツは、スポットライトなど光源を当てた時に、内部に含まれる微細な金紅石によって星のような輝きが浮かび上がるローズクォーツです。これは、カボションカットや丸玉など丸みを帯びたカットを施さないと浮かび上がりません。


ロードナイトの特徴


ロードナイトの名前はギリシャ語で薔薇を意味する"rhodon"に由来しており、和名でも”薔薇輝石”と呼ばれています。輝石と名前はついていますが、実は輝石の仲間ではなく準輝石にあたります。命名当初はこれがわからなかったため、名前だけに輝石と残ってしまい少し紛らわしくなっていますね。 薔薇のようなコクのあるピンク色から赤色の石です。ときどき黒い葉脈のような模様が入ったものもありますが、これはロードライトの中に含まれるマンガンによるものです。宝石としてはインクルージョンがなく透明で色の濃いものが質が良いといわれますが、パワーストーンとしての能力で劣ることはありませんので、好みや直感で選ぶほうがよいでしょう。 世界各地のマンガン鉱山で産出されます。主要な産地はオーストラリアとブラジルです。どちらも赤みが強く透明度が高い宝石質のロードナイトを採掘できますが、美しいものほど市場に流通することはほとんどなく、鉱物標本として保管されることが多いそうです。


コラムリスト

情報 | 子宝 | ブレスレット | 水晶 | 効果 | 浄化 | アクセサリー | 通販 | 相性 | ストラップ | 金運 | チャクラ | 恋愛 | 組み合わせ | 種類 | ペンダント | オーダーメイド | 選び方 | お店 | お守り | | スピリチュアル | ハート | ビーズ | ヒーリング | 開運 | 丸玉 | 激安 | 結婚 | 原石 | 効能 | 辞典 | 浄化方法 | 店舗 | 風水 | 復活愛 | 瑪瑙 | 癒し | 栃木 | | 天然石 |

光源の加減・ご使用のパソコン環境等により実物と色が多少異なる場合がございますのでご了承下さい。
当サイトに掲載されている画像やテキスト等の内容を無断で複製・転載することを禁じます。

ページ内の上部へ戻る