ライダースウォレットの製作工程

パワーストーン最新入荷情報 セール会場へGO!

期間限定セール開催中!

送料無料 きゃんぺーん

送料無料について:但し、定形外郵便以外の発送方法をご選択の場合は、通常料金より220円引きとなります。

キーワード検索

マイページ(ログイン)

グッズリスト

パワーストーン

天然石ビーズ

彫刻

ラップブレス

ラップブレス パーツ 素材

さざれ

その他天然石

アクセサリーパーツ

天然石アクセサリー

チェーン

原石・クラスター

パワーストーン 浄化

ルース

ゴム・紐 類

袋・ケース・ポーチ

ディスプレイ・店舗備品

テラヘルツ

アウトレット・難あり

その他

オリジナル完成品

パワーストーン名からさがす

ア行

カ行

サ行

タ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

サイズで選ぶ

願いで選ぶ

コラム集

パワーストーンを科学する

厳選リンク集2

ライダースウォレットの製作工程

当サイトのライダースウォレットの製作工程を紹介いたします。

裁断

まずは、革の裁断からはじめます。型紙などを使って、一枚革に切り出す形を描きます。
そして、革包丁やよく切れるカッターなどを用いて、革を切り出します。
革製品は、ミリ単位のミスがすべての工程に影響してしまいます。
裁断の方法は様々あり、型紙通りに裁断して組んでいく方法と、 あらかじめ型より大きめに裁断しておき、 最後の調整で細かく調整しながら裁断する方法などがあります。



カービング 銀面処理

革の表を銀面、裏側を床面といいます。
銀面をカービングや染色する場合、裁断の後、一番初めに行います。








床面処理

カービングや染色が終わったら、床面の処理を 行います。
床面には、専用の処理剤を使用して、毛羽立ちを抑えます。
床面処理が必要なパーツすべてに行います。
乾いたら塗る作業を、2〜3回行います。






縫い・パーツを組む

裁断したパーツを組んでいきます。ゴムのりを用いてパーツを固定し、 手縫いの場合は、菱目打ちなどで穴を開けた後に丁寧に縫っていきます。
ミシン縫いの場合は、印をつけて縫い目が曲がらないように慎重に縫います。







ヘリ・コバ処理

すべてのパーツを組んだら、はみ出ている部分などを、切り過ぎないよう慎重にカットし、 ヘリ・コバを紙ヤスリで削ります。削った後は、処理剤などで固めながら、スリッカーなどの磨き工具で 磨いていきます。必要な部分には、コート剤を塗って仕上 げます。

光源の加減・ご使用のパソコン環境等により実物と色が多少異なる場合がございますのでご了承下さい。
当サイトに掲載されている画像やテキスト等の内容を無断で複製・転載することを禁じます。

ページ内の上部へ戻る